SEO WINNER使い方説明

SEO WINNER各機能の使い方説明です。

サイト設定

サイト設定ではSEO WINNERで調査、分析対象とするサイトやキーワードを設定します。
サイトURL,サイト名はメインターゲットとするサイトについての設定です。
関連サイト、ライバルサイトは5個まで設定可能(任意)です。
重要キーワードは上記各サイトの検索順位を調査するのに用いるキーワードです。
ここでの設定は「SEOレポート」のレポート生成に用いられます。


SEOレポート

「サイト設定」で設定した各種サイトURL,重要キーワードを用いて自動的に検索順位や関連キーワード情報を調査し、毎週月曜日に先週分データを元にレポート化します。
レポートは「サマリレポート」「順位推移レポート」「関連キーワードレポート」の3種類です。
サマリレポートは直前週における各サイト、重要キーワードの順位状況をまとめて掲載します。
順位推移レポートは直近10週について重要キーワードごとに各サイトの検索順位推移を掲載します。
関連キーワードレポートは直前週における各重要キーワードからの関連キーワードと、各サイトの関連キーワードでの検索順位を掲載します。


キーワードコンサルティング

指定したキーワードについて関連キーワードを調査します。また関連キーワードごとの検索ヒット数を合わせて調べ、どれくらい競合サイトがあるかを確認できます。


キーワード別順位

URL,キーワードを指定して検索順位を調査します。キーワードは同時に5個まで指定できます。


検索ボリューム調査

指定キーワードの前月におけるインターネット上での検索回数を調べます。


ライバルサイト キーワード分析

「サイト設定」で設定したサイトとライバルサイトとでキーワード出現率を比較します。


ライバル候補

指定キーワードでの検索順位1~100位を調べ、自サイト直上のサイトをライバル候補としてリストアップします。


サイトマップ自動生成

URLを指定するとそこからサイト内を自動巡回してサイト構造を調べ、Googleサイトマップを自動生成します。
Googleサイトマップ生成後はダウンロードしてサイトにアップロードし、Googleへクローリング申請を行いましょう。


サーバー速度チェック

URLを指定してそのURLのサーバーの応答速度を調査します。


キーワード自動生成

キーワードを指定して、そのキーワードを元に検索エンジン上位表示に有効な類似キーワードを生成します。


ページ表示時間チェック

URLを指定して、そのページ自体の転送量とページ内で呼び出されている画像、CSS、動画などの外部ファイルの転送量を調べます。
外部ファイルについては転送量が大きいもの上位20件をリストアップしています。


スマートフォン対応チェック

URLを指定して、そのページがスマートフォンでの表示に最適化されているかどうかを調べることができます。


title,metaチェック

URLを指定して、そのページに設定されているtitle,meta keywords,meta descriptionの内容を調べることができます。


ページHTMLエラーチェック

URLを指定して、そのページ内に存在するHTML構文エラーを調べることができます。


ページ内リンクチェック

URLを指定して、そのページにあるリンクがリンク切れしていないかどうかを調べることができます。


キーワード出現率調査

URLを指定して、そのページについてのキーワードの出現率を調査します。


ページ構造アドバイス

URLとページの主題(h1に入る内容)、小見出し(h2に入る内容)、強調したいキーワード、次ページのURL、次ページリンクに用いるキーワードを指定すると、指定URLのページについてSEO的に有利なページ構造をHTMLソースで提案します。


ニッチキーワード調査

ジャンル分けされた大量のキーワード群から、自サイトに用いるキーワードの候補を探すことができます。
またリストアップされているキーワードと自分で指定したキーワードとを組み合わせてその場で検索ヒット数を調べることができます。


バックリンクの提供

SEO WINNERでは「ユーザーポータル」「ポータルサイト群」を用いた独自の方式でユーザーサイトへバックリンクを提供しています。
ご登録時に「ポータルサイト設定」としてポータルサイトURL(サブドメイン部分のみ)とポータルサイトタイトルをご指定いただいておりますので、その内容でユーザーポータルをご用意いたします。
>>詳しくはこちら

ダッシュボードに「ユーザーポータル設定」というボタンがあります。このボタンを押すと、ユーザーポータルサイトからユーザーサイトへのリンク設置に関する設定を行うことができます。
ユーザーポータルサイトごとに「リンク先URL」「SEOキーワード」を設定してください。

・リンク先URL:ユーザーポータルサイトからリンクする先のURLです。
 ここで指定したURLへ定期的にユーザーポータルサイト内からリンクを行います。
・SEOキーワード:ユーザーポータルサイトのコンテンツ内からリンク先URLへリンクする際に用いるキーワードです。
 10個まで設定可能です。
 複数設定する場合は半角コンマ(,)で区切ってください。